マル秘資産形成術P252
===========================
調査によると、メンタリングを受けた
ビジネスリーダーたちは、
その経験が極めて貴重だったと感じている。

彼らがメンターのおかげで
身につけられたと語っているスキルは、
意思決定、戦略的思考、プランニング
コーチング、効果的な人事管理など
多岐にわたっている。
===========================


GEのジャック・ウェルチや
マイクロソフトのビル・ゲイツ、
世界一の投資家である
ウォーレン・バフェット。

成功者と呼ばれる人たちには
必ずと言って良いほど
メンターと呼ばれる
師匠的な存在がいます。


年商100億円以上の会社を2社、
50億円以上の会社を2社、
10億円以上の会社を10社以上保有する

アメリカのスーパー起業家である
マイケル・マスターソンにも
メンターがいました。

彼は、2人のメンターから
ビジネスについて
かけがえのない教訓を
学んだと言っています。


メンターが
ビジネスを成長させるための
ヒントを与えてくれる事は
あなたもご存知のはず。

では、どのようにして
メンターを見つけると
良いのでしょうか?


メンターを見つけるために
何をすれば良いのでしょうか?


マル秘資産形成術P253にはこうあります。
===========================
自分の業界を見渡して
”引退して2年から5年”の
成功したビジネスリーダーを
5人見つけよう。

この2~5年という枠は
肝心だ。引退してから
それ以上時間が立っていると
業界の事がわからなくなっている。

逆に、短い場合は
仕事の事を考えたくなるほど
引退生活に退屈していない。


その5人に短い手紙を書いて
彼らのキャリアに
心からの賞賛を送る。
具体的な業績についてたたえるのだ。

その後で、自分のビジネスについて
助言を求める。


ランチに誘おう。
あるいは、住んでいるところが遠ければ
電話で15分話しをしてくれるように頼む。

決して助言への
代償を申し出てはいけない。
それは、後からの話だ。

===========================


以前、お話したお客様に
メンター的存在が
いらっしゃったのですが
どこで出会ったのか聞いてみると


その方は、ある勉強会に出席した際に
出会ったそうです。


「この人から学ぼう」と思って
ご飯に誘ったそうです。


それがキッカケで
メンターなってもらい
今はメンターから
たくさんの事を学びながら
経営をしているとおっしゃっていました。


もし、あなたに
メンターが居ないのであれば
この方法を使って、メンターを探してみると
良いかもしれませんね。



PS

マル秘資産形成術
(良いメンターかどうかを確認する方法はP254〜)

クリックして詳細を確認する


マル秘資産形成術