ストーリーブランディング


あなたは今スーパーに来ています。

ちょうど入ったところに
美味しそうなリンゴが
2種類、並んでいました。

どちらも見た目はほとんど変わりません。


見た目も値段も一緒。

どっちにしようか悩んでると、
この2つのリンゴの値札の横に、
こんなポップが付いていることに
気がつきました。


=========
青森から、産地直送のリンゴです!
糖度はなんと、20度近くあります!
これは桃やメロンと同じ甘さです。

ちなみにリンゴは、
15度を越えれば、
とても甘いと言われています。

しかも完全無農薬。
美味しくて、体にも優しいリンゴです。

青森の美味しい水で育った
このリンゴをぜひご賞味あれ!
=========



そして隣のリンゴには、
こんなポップが付いていました。



=========
私は、この完全無農薬の
リンゴを作るのに8年かかりました。

リンゴの木は、害虫に弱く
農薬を使わないなんて、
当時は考えられないことでした。

案の定、数年間リンゴの収穫量は0で、
収入は0円でした。

周りの農家からは、
「早くそんなことやめちまえ」
と何度もバカにされてきました。

それでも、、

「体の弱い妻にもう1度、
 大好きなリンゴを
 食べさせてやりたい」

その一心で完全無農薬に
こだわり続けました。

そして去年、初めて木に
完全無農薬のリンゴがなりました。

妻が涙を流しながら、
「ありがとう」と言って
とても美味しそうに
そのリンゴを食べている姿を
昨日のように思い出します。

完全無農薬のリンゴは、どこを探しても
このリンゴだけです。

大切な人と一緒に、ぜひ食べてください。
=========


さて、今どちらのリンゴを
手に取ったでしょうか?

きっと2個目のリンゴだと思います。


これが「ストーリー」の力です。

僕ら人間は、ストーリーを読むと、
そこに書かれている以上のことを
感じることができるようになっています。

例えば、2個目のポップを見た時、

1つ1つ丁寧に、丹精込めて
作ってるリンゴなんだな〜、と

そう思いませんでしたか?

1つ目のリンゴと2つ目のリンゴは
全く一緒のものなのに、
全く違うリンゴのように感じませんでしたか?

今、ストーリーを語る力は、
ビジネスをする上で
欠かすことが出来ないものです。


でも実は今、ほとんどの人は
自分の商品やサービスを売り込む時、
1つ目のリンゴと同じようなことをしています。

この商品、サービスが、
他と違ってどれくらい優れているのか?
をひたすら伝えようとしているのです。


例えば、整体院の院長なら、、

「この整体院は、担当の先生がついて、
 あなたを症状を最初から最後まで
 責任を持って治療します!」


例えば、レストランの店長なら、、

「このレストランでは、
 A5ランクのお肉をふんだんに使った
 肉汁たっぷりのハンバーグがオススメです!」


これは、1つ目のリンゴのポップと
同じようなことをしています。

昔はこれで良かったのかも知れません。

担当の先生がついてくれる整体院は、
周りにはなかったかも知れませんし、

A5ランクの肉を使っているハンバーグも
なかったかも知れません。

でもこの物が溢れかえっている
現代社会では、これは通用しません。

つまり、
その商品やサービスの特徴で
他との差別化をするんじゃなく、
あなた自身のストーリーを語って、
他と差別化するんです。


「そんな人に語れるストーリーなんて無いよ…」

そう思われましたか?


実は、ストーリーは誰にでも
語れるんです。

別に小説が書けなくても、
本を読むのが嫌いであっても、
国語の点数で赤点を取ったことがあっても、

あるコツさえ知っていれば、
人を行動させるためのストーリーを
語ることが出来ます。

さて、あなたの番です。
あなたのビジネスに
ストーリーを取り入れて、
競合に一気に差をつけませんか?

ストーリーを取り入れる



PS
ストーリーの良いところは、
その商品やサービスではなく、
あなたをブランディングしてくれるところです。

最初のリンゴの例でいくと、
1つ目のリンゴのポップは、
そのリンゴを売ることしか出来ませんが、

2つ目のリンゴを買った人は、
例えばその人がイチゴを出したら、
その人のイチゴを買いたくなるんです。

お客さんは、
”あなたから買いたい”
”あなたのサービスを受けたい”
そう言ってファンになってくれるわけです。

ぜひ取り入れてみませんか?

詳細を確認する