マル秘資産形成術


クレジットカードの借金が120万円。
16年間働いて、貯金はたったの50万円。



大企業に勤めていたある女性は、
この事実に愕然としました。


もし病気になったら、、、
もし働けなくなったら、、、
急な出費ができたらどうしよう?


独り身だった彼女には
頼れる人もおらず、


借金の方が多い状態では
あまりにも将来の不安が大きすぎました…


さらに今の収入では、


好きな時に働いて
好きな時に遊んで
値札を見ずに好きなものを買う


というような夢も
達成できそうにありません。


彼女はある決意をしました。


それは、
「2人の仕事仲間の起業を手伝う」
ということでした。


しかし、
単純に手伝うと言っても、
普通の会社員と同じような給与体系では
当然夢を達成するだけのお金を
手に入れることはできません…


そこで彼女は、
起業する仕事仲間に提案したのです。


「最初の年収は360万円でいいから、
会社の株を持たせてほしい」
と。


少ない給料と
設立当時は何の価値もない株式。


一見、大企業での
安定したそこそこの収入と比べると
むしろ状況が悪くなっています。


しかし、
両者には雲泥の差があります。


というのも、
起業当時から会社のトップとなり、
株をもっているので、


もし起業が成功すれば
莫大な収入源となるからです。


そして、
彼女は見事会社の株式を勝ち取り、


給料は3年で以前の会社を超え、
会社が成長するにつれ多額のボーナスを受けとり、
彼女が持つ会社の株式の価値は
7年で3600万円まで上昇しました。


そして、彼女の資産総額は
見事1億円を上回り、
たった7年で貯蓄マイナスの状態から
億万長者となったのです。


彼女の成功には、
確固たる3つの理由があります。


1.適切な企業でスキルを身に着ける


彼女は、大企業に勤める前に
本をダイレクトメールで販売する小さな出版社で
働いていました。


そこで彼女は、
注文処理、製作、編集、
最後はマーケティングまで


そのビジネスのほぼすべての分野の
仕事を経験していました。


ここで彼女は
販売プロセスをすべて自分で
作り上げることができるスキルと経験を
身につけていたんです。


2.会社に必要不可欠な存在になる


そんなスキルを
身につけていたので、
彼女はその出版社に
なくてはならない存在でした。


彼女は販売プロセスを作ることに
長けていましたが、


他の人には務まらない仕事ができる
存在になることで、
仕事仲間の起業家の目に止まったんですね。


彼女は販売プロセスのスキルでしたが、
他にも、


・商品開発ができる
・素晴らしいコピーが書ける
・他の人には真似出来ない技術や知識がある


などがあります。


3.収益ベースの報酬を
与えたくなる存在になる


彼女が協力することになった
仕事仲間は2人ともフリーの
セールスライターでした。


彼らは商品を作ったり、
広告を書くのは得意だったのですが、


カスタマーサービスや
経営、
商品の注文処理など、


ビジネスの日常業務に
全く関心がなかったのです。


逆に、
彼女は出版社での経験があり、
そういった日常業務を誰よりもうまくやれる
自信がありました。


つまり、
もし彼女がいなければ


2人のセールスライターは
興味のない仕事をやらなければ
ならなかったのです。


彼女は、
2人にとっての「自分の価値」を
積極的に売り込むことで、


見事ノーリスクで会社の株式を
手に入れることができました。




この3つの理由こそが、
彼女をたった7年で
貯蓄マイナスの会社員から
億万長者へと変化させたんですね。


もしあなたが
彼女のように特定のスキルを磨き、
起業家にとって必要不可欠な存在に
なることができれば


起業家と協力することによって
莫大な収入、
莫大な資産を
ノーリスクで手に入れることができるでしょう。


(お気づきの通り、
彼女は会社の設立に1円も出していません)


『7年以内に最低1億円の
個人資産を作る
マル秘資産形成術』では他にも、


・年収360万円の編集者が50以上の会社を持つ
億万長者になるストーリー

・破産した起業家が6年で数億円の
資産を築き上げるストーリー


・平均的な会計士が6年で
4億円に到達するストーリー


などなど、、、


8つの成功体験があります。


このうちの1人のやり方を
真似してみてもいいですし、


8人の体験の中から
参考になるものをすべて試すのもいいでしょう。


きっと、自分にピッタリの
「最短で億万長者になる方法」を使って、


お金の不安から開放された
悠々自適な生活を「たった数年で」
手に入れることができるでしょう。

詳細はコチラ