週初めでもあり、月の最初の月曜日でもあるので
それにちなんで「やる気」と「目標」について話そうと思います。

もし、あなたが

・繰り返し買ってくれるファンのようなお客さんを作りたい。
・リピーターを増やして集客をラクにしたい。
・それもお金をかけずにサクッと取り入れたい...


といったことを考えたことがあるなら、



今日ご紹介する
脳科学マーケティング 100の心理技術
p154の内容は非常に参考になるかもしれません。


================================
スタンプがいっぱいになったらコーヒーが
1
杯無料で飲めるカードを与えられると、


スタンプが満杯に近づくにつれ、
コーヒーを飲む頻度が上がる。(中略)


最も興味深い発見の1つは、
ゴールに向かって前進している


気にさせるだけで、人はコーヒーを
より頻繁に買う気になることだった。


実験では2種類のカードを発行した。


1
つはスタンプが10カ所押せるカードで、
スタンプはまだ1個も押されていない。


もう1つはスタンプが12カ所押せるカードで、
すでにスタンプが2 個押されている。


どちらのケースも、
無料のコーヒーをもらうためには
スタンプを10個押してもらわないといけない。


必要とされるスタンプ数は
同じであるにもかかわらず、


一見、前進中であるかのように思える状態で
スタートしたグループのほうが、


スタンプ数ゼロからスタートしたグループ
よりもコーヒーを買う頻度が高かった。
================================


人間は何かの目標が近くなると、
達成に向けての行動を加速させます。


僕も月の売上目標が3000万だったとして、
最後の週に売上が2900万円まで来ていたら
さっさと3000万円にしたくなります。


別に焦らなくても達成できるのですが、
達成したくなってしまうのでしょう。


これが、何も行動を起こしていない
ゼロの状態だとモチベーションも低く
のらりくらりと行動してしまうのです。


ですので、顧客にリピートを促したいなら
この「スタンプテクニック」のように


強制的にゼロの状態から
行動中の状態に変えてあげると
買ってくれる可能性が上がるわけです。


また、買えば買うほど何かの目標に
近づいていくようにすれば、
さらに行動力を上げることもできます。


というわけで、こうした
リピートの仕組みを考えてみると
いいかもしれませんね。


また、顧客のリピートだけでなく
部下のモチベーションアップにも
上手に応用できそうですね。


もしまだ、今日紹介した
脳科学マーケティング100の心理技術
お持ちでないならこちらからチェックしてみてくださいね。


簡単にビジネスに応用できる
テクニック集が100個載ってる
スグレモノです^^
↓↓
100の心理技術を使って
スグに売上をあげる