"ぼくが一番欲しいスーパー・パワー(Super Power)は
「本を速く読む力」だ"

ビル・ゲイツはかつてこう言った。

世界のビリオネアで、
読書家の彼が言うのだから、
説得力はハンパない。

(ビル・ゲイツは何度も
世界1位のお金持ちになっている。

年に「50冊」の本を読む
読書家として有名で

「でも、有名になりたくて、
仕方がないミーハー著者の本を
読んでも何も変わらない」

という独自の読書哲学を持っているw)


なぜビル・ゲイツは「本を速く読むこと」を望むのか?


答えはカンタン。

ビル・ゲイツはこう言っている。

ぼくが大切にしているのは
「良い本」を「大量」に読むこと。

本は、自分が存在する世界について、
より深く学びたいという欲求を
満たしてくれるし、

沢山の本を読むことで、
他の人とは違う発想ができる。

もしスーパー・パワー(速読)ができたら、
もっと沢山本を読めるし、
情報処理が速 くなって、

一日の時間を相対的に
増やすことができる。
だからほしいんだ。

ビル・ゲイツの言うように速読をマスターすれば、、、

・本はたくさん読めるし
1日の時間が相対的に増えるし
・その他大勢とは違う希少な存在になれるし

良いことづくめだ。

もしあなたもビル・ゲイツと同じように
「本を速く読むこと」に興味があるなら、

"
習得率98%"大学教育にも採用された「110分の速読技術 」
を紹介しているので、ぜひ見てみて欲しい
👇
↓↓
https://www.directbook.jp/bfr1/