人間の脳には、2種類の脳があります

一つは「理性脳」、
もう一つは「爬虫類脳」です。

2002年に
ノーベル経済学賞を受賞した
ダニエル・カーネマンと

2017年に
ノーベル経済学賞を受賞した
リチャード・セイラーらは、

人間の意思決定は
「爬虫類脳」
と言われる部分によって

支配されているということを
明らかにしています。

そして、この考えは
脳科学の分野でも

異論がないほど認知された
基本原則とされています。

今や多くの人が
ウェブやモバイルの解析結果から、

より効果の高い広告や
マーケティング手法を利用できると
多くの人が考えています。

例えば、Google、Facebook、
twitterなどのソーシャルメディアでは
数百万ドルを投じて、

独自のアルコリズムを開発し、
解析データを広告主に提供して
収入を得ています。

しかし、ウェブやモバイル解析で
顧客の購買行動をいくら分析しても、

その購買行動をコントロールしている
原理原則を理解していなければ、

分析そのものが
無意味になってしまう
可能性があります。

なので本書『売れる脳科学』では、
20年以上の脳科学研究から顧客の行動、
特に購買における意思決定を

コントロールしている脳の働きと、
その作用から考えられる

効果的な説得のメッセージの
ノウハウを紹介しています。

・「爬虫類脳」が好むあるメッセージとは?
・逆に「爬虫類脳」が無視するメッセージとは?

を科学的な根拠をもとに紹介しつつ、
「原始脳」が抗いきれない
具体的なメッセージも解説しています。

効果的なマーケティングを行うために
2、3個目次からピックアップして
必要に応じて、本書を役立ててくださいね。

売れる脳科学
https://pg.directbook.jp/


p.s.


「脳科学or勘」

商品を売るために
無駄なお金を使うの、
もうやめませんか?

というのが本書のテーマです。

脳科学は
人の脳に関わる研究ですから

一度学べば、何度でも
使うことができますし、

多くの人が学ばない分野なので
知るだけで頭一つ
抜け出すのではないでしょうか?

投資対効果の大きい
学問の1つだと思うので
ぜひ読んでみてくださいね。

売れる脳科学
https://pg.directbook.jp/