値下げの恐ろしさを示す
こんな実験がありました…

それは、
被験者にワインを飲んでもらい、
どれくらいの満足度を得られるか

を調べるための実験で、

本来9000円のワインを
9000円です」と言って
飲んでもらったときと、


1000円です」と言って
飲んでもらったときの満足度を
脳内スキャンで比較しました。


その結果、、、


全く同じワインにもかかわらず、
なんと被験者20人全員が

1000円です」と言われて
飲んだときのワインの満足度が
低かったのです...



ポイントは、
"
全く同じワイン"なのに、
という点です。


この実験からわかるのは、
「値下げをすればするほど
お客さんの満足度は下がる」

ということ。


もしあなたの商品が
本来1万円の価値のあるものなのに、

値引きすることで
5000
円の価値しか感じてもらえない


なんてことが
起こるかもしれません。


値引きをすることで、
利益も下がりますし、


さらに満足度まで
下がってしまう


そうなれば、
せっかく獲得したお客さんも
失うことにつながります。


安易な値引きは
そんな危険をはらんでいます。


例えば、ディズニーランドが
年中セールをしていて、
ほとんどいつでも入場料500円で
入ることができるという状態になれば、


全く特別感も非日常感も
なくなってしまいます。


しかし、ビジネスの現場では
こんな「毎日セール」状態の企業が
多いのが現状です。



では、お客さんを集めながら
それを回避するにはどうすればいいか?


その1つが
「特典をつける」
というものです。


値下げをする代わりに、
お客さんが普段自分から買わないものや

手に入らない非売品などを
特典にすることで、


価値を下げずに
お客さんを「お得だ」と思わせることが
できます。


ディズニーランドで例えるなら、
「プロのカメラマンが
あなたの最高の1枚を撮ります」
というサービスを特典にしたり、


非売品の
「ディズニーを100倍楽しむための
パンフレット」を特典にしたり、、


様々な特典が考えられます。


なんとなく値下げをするに
「何か特典をつけられないか?
と考えることで、


利益率を上げることができますし、
なによりお客さんの満足度を
最大にできるでしょう。


これは、
「値下げをせずにお客を集める方法」
ですが、


ダン・ケネディが教える
『世界一ずる賢い価格戦略』には、


・効果的な値下げの仕方
・無料オファーで大量の顧客を集める方法
など、、


これ以外にも、たくさんの
『価格戦略』が載っています。


日本にあるお店のほとんどは、
そこまで価格に気を使っていません。


でも人がモノを買う時、
価格はとても大きな影響を
与えますよね?


僕たちもモノを買う時、
価格は意識するものです。
(まぁ物にもよりますが


それだけ価格は、
インパクトの大きいのです。


ぜひ、この世界一ずる賢い価格戦略を
あなたのビジネスにも取り入れて、
競合に圧倒的な差をつけてください。

>詳細はこちら


PS
この本は、
世界一高額のコンサルタント、
ダンケネディが書いたものです。

彼への相談料は、
1
回でで200万円を超えるとも
言われています。

そんな彼から価格に関する
コンサルティングを受けられる。
こんなチャンスは他に無いでしょう。

>詳細はこちら