もしあなたが、

・優秀な右腕が欲しい
・社員の尻ぬぐいばかりで困っている
・放っておくと社員が動かなくなる
・採用でどんな人を雇えばいいか分からない
・大事な事業を任せられる人材が欲しい

今日の内容はとても役に立つかもしれません…


あなたは毎年毎年右肩上がりで伸びていく会社と
そうでない会社の違いは何だと思いますか?



それは、、、優秀な右腕の存在です。



優秀な右腕がいると責任をもって
業務を切り盛りしてくれるため

業務上の細かい判断やトラブル対応といった問題に
社長自身が頭を悩ませる必要はなります。


なので、

社長は本来の仕事である経営に専念することが
できるのです。



実際、スティーブ・ジョブズにも
ティム・クックという右腕がいました。

彼はアップルの大躍進を陰で支え
ジョブズ亡き後の今ではアップルを率いて
現在も業績を伸ばし続けています。


中小企業にそんな優秀な右腕は来ない。
大企業の右腕の話など参考にならない。

もしかすると、
あなたはそう思われるかもしれませんね。


確かにティム・クックのような右腕は
来ないでしょう。



しかし、1億円規模までのビジネスなら
仕事を回せる右腕は世の中にいくらでもいます。

それに優秀な右腕がいると
ビジネスが楽になるのも事実です。



ですが、、、

一番の問題はその人材を見つけることが
できるかどうかです。


そして、そんな優秀な右腕を見つけるための
ノウハウを語ったのが、

この本「右腕採用力」養成講座です。


著者のジェフ・スマートは
1
2000件にも及ぶクライアントを持ち、
3
万件のマネージャーに成功する雇用法を
教えてきたghSMART社の会長兼CEO



この本はたくさんの採用を経験している
彼だからこそ知っている

採用の秘訣「Aメソッド」を余すことなく
伝授してくれる

まさに右腕採用のための本です。


その数ある秘訣の中から1つあなたに紹介します。


一番の課題である
どうやって優秀な人材を見つけ出すのか
ということについてです。


著者はこう言います。


=====

候補者を集めるのに最も良い方法は、
あなたの個人的や職業的なネットワークの中から、
人を推薦してもらうという方法だ

やり方はいたって簡単だ。

まず頭の中にあなたのビジネスで関係がある人
10
人を思い浮かべる。

そして1人ずつにこう質問する。

「あなたが知る中で、
 私が雇うべきだと思う人物は
 誰かいますか?」

最初はためらいを感じるかもしれないが
優秀な人材を集めるためには、
これが最も手っ取り早い方法である。

=====


一見、単純すぎる方法のように
思えますよね。


でも、実は著者がインタビューした
トップリーダーのうちの77%
この方法を採用していたんです。


あなたの周りにも
優秀な人は少なからずいると思います。


そして、その優秀な人たちは
優秀な人間のコミュニティを
持っている可能性が高いです。


「類は友を呼ぶ」とことわざにありますが、
まさにその通りで、
優秀な人の周りには優秀な人が集まる。


だから、この方法は
極めて合理的な採用戦略だと
言えるでしょう。


本書では、他にも

・たくさんの候補者の中から、
 優秀な人材だけを選び出す4つの面接法

90%以上の確率で
 優秀な人材を選び出すことが出来る3つの質問

・絶対にやってはいけない、
 10の呪術的採用とは??

などについて、詳しく解説しています。



もし、優秀な右腕が欲しいなら、、
是非、この本をチェックしてみてください。

詳細を確認する