起業・副業に役立つビジネス本

入手が困難な洋書翻訳本、CD、DVDの書店では販売していない書籍などの紹介。起業・経営に関するセミナー・講座も掲載。

    カテゴリ: ▶最新情報

    もしあなたが、

    売れる商品と売れない商品の違いを知りたい。
    ヒットする広告と失敗に終わる広告の違いを知りたい。
    ライバルの商品が売れて自分の商品が売れない理由を知りたい。
    そもそも反応の取れる広告とは何か?を知りたい。
    【【人気本・超オススメ】広告の心理学】の続きを読む

    ビジネススクールとして世界的に高い
    評価を受けているペンシルベニア大学
    ウォートン校(※名門M7大学の1つ)

    そこで、組織心理学者として最年少で
    終身教授となったアダム・グラント氏は、
    Googleからアメリカ空軍にいたるまで、
    10年以上に渡って、組織における
    人間の選択について研究してきました。
    【【号外】与える人が奪われる本当の理由】の続きを読む

    「購入された本の70%は、一度も開かれることがない
    「世の中には、本を5冊も読まない人が大勢いる」
    「購入された本の95%が読了されていない」


    、、、信じられますか?

    アメリカの大手出版社によると、
    こんなデータが出ているそうなんです。
    【日本人が知らない「本の読み方」】の続きを読む

     【大学教育にも採用:110分で読む方法】


    僕も最初は信じられませんでした。

    きっとあなたも同じだと思います。

    ですが、この方法を知って、

    1
    年に1冊も本を読まなかった僕でさえ

    毎日、気軽に本が読めるようになったのです。

    なぜか?その最大の秘密は、日本の大学教育にも採用された

    『先行オーガナイザー』という速読法にありました。 
    【大学教育にも採用:1冊10分で読む方法】の続きを読む

    知っていますか?
     
    最近『速読をトレーニングに
    組み込むプロアスリート』が
    増えているそうなんです。(!)

    たとえば、
    サッカー日本代表に選ばれた
    ガンバ大阪の丹羽大輝選手をはじめ、

    横浜DeNAベイスターズの三浦大輔選手、
    ハンドボール大崎オーソルの宮崎大輔選手など、、。
    【元プロゴルファー藍ちゃんの強さの秘密は「読書」?】の続きを読む

     私は特別な人間ではないし、
    優秀でもありません。

    ただ、私が常に言っているのは

    「縦横思考をしろ」ということです。

    縦は、過去の人の考え方を知ること、
    つまり本をたくさん読むことです。

    横は、世界にあるさまざまな考え方を知ること、
    つまり広く世界に出て旅をすることです。

    私は本狂い、旅狂いなんですよ。



    ビジネス界きっての読書家として知られる
    元・ライフネット生命CEOの出口治明氏は
    こう語ります。

    【2020年が飛躍の年になる「タテヨコ思考」】の続きを読む

    1951年

    私は、アメリカバージニア州の
    小さな農場で生まれました。

    大自然に囲まれ
    両親からも大事に育てられ

    将来は、歌手になりたい!
    有名な作家にもなりたい!

    と希望に満ち溢れて
    毎日を過ごしていました。


    しかし、、、
    【自分の才能を発揮するたった一つの道】の続きを読む

    あなたは2020年の目標、
    もう決めましたか??

    「今年こそ_____やろう!」
    と新たに目標を立てる人って
    多いと思うのですが、

    実はこれ、「あること」を
    意識して立てないと

    「結局今年もできなかった…」
    なんて結果で終わってしまう
    かもしれません。
    【自分を変える方法は3つだけ】の続きを読む

    ある時、森の中で、
    必死に木を切り倒そうとしている人に出会った。

    「何をしているんです?」

    あなたが聞くと、男は投げやりに答える。

    「見ればわかるだろう!
     この木を切っているんだ!!

    「疲れているみたいですね。
     いつからやっているんですか?」

    あなたは大声で尋ねる。

    「もう五時間だ。くたくただよ。
     大変な仕事だ」

    「それなら、少し休んで、
     ノコギリの刃を研いだらどうです?
     そうすれば、もっとはかどりますよ」

    すると男は、はき出すように言った。

    「切るのに忙しくて、
     刃を研ぐ時間なんかあるもんか!」
      【人生を切り拓く最高の武器】の続きを読む

    このページのトップヘ